弓のグリップを手に合わす

弓のグリップを自分の手の
大きさに合わせます。
先日の弓道教室で握りが細いと
先生から言われたので、改造します。
良い子の皆様は決してまねしない様にね!!


古い握り革を剥がします。

グリップ1


グリップ2

グリップ3

この後 濡れタオルで
古い接着材を取り、握りをきれいにします。



今回握りの厚みだけじゃなく、幅も変えますので
ハガキでスペーサー(調整用)を作ります。


まず大体の厚み大きさを決め
折り目をつけます。

グリップ4

木工ボンドを全面に塗り
折り目にしたがって折っていきます。

グリップ5

グリップ6


ハガキが固いのでボンドで接着しても
こんな様になります。

グリップ7

この状態から、専門用語のしごくに入ります。
俺は手元にあったハンマーでしごきますが、
通常はビン等で押しつけて固める方が良いと思うよ。

グリップ8

しごき終わったら
形を整え、乾燥させます。
3種類作りました

グリップ9

さあこれから楽しみです。
今日はここまで
明日残りの作業をします どうなる事やら・・・







関連記事

テーマ : 弓道
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

い~ちゃん

Author:い~ちゃん
"人生楽笑"
これを指針として人生してます
力のある者には媚びへつらい
長いものには自分からグルグルに巻かれる
こんな日々を生きてます
自分には甘く他人には厳しく
こんな 変な大阪のおっさんです

そんな日々の出来事を見てやって下さい

     よろしく

最新記事
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
記事一覧
※ タイトルのみ表示です

全ての記事を表示する

最新コメント
こんちは!
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR