HOME   »   図書館通い  »  雑読のすすめ 108
RSSフィード

  少し前に   頂いた
    世界一 旨い    ”あつみの かりん糖”

        乾き物入れにしてる   播磨屋のカンカンの中で
           寝てました・・・



 折角 頂いたのに  ゴメンなさい!

    早速 ビールのあてに
           やっぱり  これ
               かりん糖の世界では   一番旨い!!






           あつみのかりん糖



   A本さん   いつも お気遣い
                      ありがとうございます!







      始めますか   雑読
 本日  3冊


      先ずは  笹本稜平氏  「その峰の彼方」




    その峰の彼方


   題名どおり  山岳小説

  冬のマッキンリーで 消息を絶った
       山岳会から そっぽをむかれた
         日本人クライマー

       そのクライマーを救助に行く
           地元の 山岳ガイド仲間
         それに  ただ一人
                参加する日本からの友人 
  
    果たして  生きているのか・・・  

               良いね







 続いては
   永井義男氏 「下級武士の日記でみる
                    江戸の性と食」




        下級武士の日記


  人間 一皮剥けば色気と食い気 っと言いますが
       まさに それ

   江戸時代の下級武士の日記に 描かれた
                           「性」と「食」

       新渡戸稲造の「武士道」  は 理想だったかもね・・・


          良いね!! 







  3冊目は  植松三十里氏
       「黒鉄の志士たち」




                黒鉄の志士たち


 世は 尊皇攘夷で 激しく動いてる
     そんな中

    九州佐賀藩 藩主 鍋島直正の命で
  オランダ語で 書かれた 1冊の洋書
       これだけを 頼りに

     反射炉を造り 鉄を精製して大砲を作り出す

       こんな 当方もない道を 
             進みだした 一人の武士 

          先ずは 蘭書の    翻訳から・・・


               良いね!!!

関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

今日イチ

Author:今日イチ
"人生楽笑"
これを指針として人生してます
力のある者には媚びへつらい
長いものには自分からグルグルに巻かれる
こんな日々を生きてます
自分には甘く他人には厳しく
こんな 変な大阪のおっさんです

そんな日々の出来事を見てやって下さい

     よろしく

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
記事一覧
※ タイトルのみ表示です
こんちは!

PAGE TOP